失われた歯の治療方法について

診療室

虫歯や病気あるいは事故などが原因で、私たちの歯は失われてしまうことがあります。一度失くした歯は、残念ながら二度と生えてはきません。そこで歯医者さんで治療してもらうことになりますが、その方法としてはさし歯やブリッジ、あるいは入れ歯やインプラントがよく知られています。中でもすべてまたは多くの歯が失われた場合に、有効な治療法が入れ歯とインプラントです。このうちインプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込み、そこに義歯を固定することで失った歯を補う方法です。快適な使用感と自然な見た目で人気を集めているインプラントですが、その中でも「オールオン4」は最新の治療法として大きな注目を浴びています。

従来のインプラント治療との違い

治療器具

オールオン4は、すべてまたは多くの歯が失われた際に利用される最新の治療法です。従来のインプラント治療では、片顎につき10本前後の人工歯根を埋め込む必要がありました。入れ歯に比べて高性能なインプラントですが、これでは体に対する負担や治療にかかる時間あるいは費用の問題は決して小さくありません。それに対してオールオン4では、片顎あたり最小4本の人工歯根で最大12本の義歯を固定することができます。このため、従来のインプラントよりも気軽に利用することが可能となりました。

問題は軽減、メリットはそのまま

治療

オールオン4は、顎に対して人工歯根を斜めに埋め込むことで結合力を増強した治療法です。これにより少ない本数の人工歯根で多くの義歯を支えることが可能となり、体への負担と治療時間が大幅に軽減されました。しかも自分の歯に近い噛み心地や見た目の美しさは、従来のインプラントと何ら変わりはありません。まるで自分自身の歯のように利用することができ、メンテナンスもとても簡単です。埋め込む人工歯根の数の大幅な削減に成功したことから費用の面でも負担が軽くなり、多くの人に喜ばれています。

広告募集中